転職情報 10月15日

コンサルタントと監査法人の内部統制対応業務の違い

  

大手のコンサルティングファームは、最近積極的に採用を行っております。

昨日も私がご紹介させて頂いた方がある大手コンサルティングファームに

内定が出て、ご入社される予定です。

 

コンサルティングファームでは、

いろんなサービスラインがあります。

 

最近ではIFRSの経験者を求めているケースが多くなりました。

あとは、内部統制関連業務経験者もまだまだ求めています。

 

内部統制についてですが、

コンサルティングファームと監査法人が行う内部統制対応業務には

違いがあります。

 

監査法人の内部統制対応業務は、

基本的に会社が作成した内部統制報告書が法的に問題ないかを

確認するという業務です。ようは、完成した報告書のチェックをするだけです。

 

一方、コンサルティングファームの内部統制対応業務は、報告書を作成する

ためのフローづくりのサポートです。

 

同じ内部統制対応業務でも、コンサルティングファームと監査法人が

担当する業務は異なるんですね。

 

コンサルティングファームへの転職をお考えの方は、是非ご相談ください。

 

■担当コンサルタント 渡邊:(watanabe@co-p.jp

 

 

お問合せ先

株式会社コープラス

03-5356-7007 (代表)

watanabe@co-p.jp

 担当:渡邊

 

担当者のプロフィールはこちら

 

当社、総合サイトはこちら

watanabe@co-p.jp

 

メールでのお問合せはこちらまでご連絡ください。

確認次第、担当の渡邊よりご連絡させて頂きます。